取材力を高める教室

8月6日スタート、毎週月曜日、20:00~22:00初心者、ビジネスマン、ライターまで。「聞く力」をアップ!

お申込み・ご質問はこちら

注意事項


ライターはもちろん、ビジネスにも役立つ「聞く力」。実践を交えつつUPしましょう。ライターという職業に興味がる。すでにライターとして活動しているけど取材力をアップしたい。ビジネスマンとして「聞く力」を鍛えたい。この講座はそんなみなさんのために、インタビューの1点に集中し、基礎からステップアップのコツなどを実践を通じてレクチャーする教室です。
登壇するのは、奥田民生さん、竹中直人さん、チバユウスケさん、宇川直宏さんなどの著名人から、大学教授などの専門家、企業の有名社長、町のパン屋まで、1000人以上に取材を行う編集者・山葉のぶゆき。アーティスト取材の裏話なども聞けそうですね。
取材原稿の執筆時はもちろん、お仕事相手からのヒアリングの際、さらに初対面の方とコミュニケーションを取る際にも役立つ「聞く力」と、それをまとめ原稿としてアップする「書く力」の双方を学習。会社のホームページなどで、誰かのお話をまとめたものを掲載するようなお仕事も、楽しく、スムーズにこなせるようになります。
今、発信力と同等に必要とされている「聞く力」を、楽しく学習しませんか?

  • ライターという仕事に興味のある方
  • お仕事でヒアリングの機会が多い方
  • 現在ライターをしており、取材力を鍛えたい方
  • 初対面の人と円滑にコミュニケーションを取りたい方
開催日時 8月6日スタート、毎週月曜日、20:00~22:00
開催日 8月6日、8月20日、8月27日、9月3日
開催場所 「アットビジネスセンター渋谷」
〒150-0042 渋谷区宇田川町36-6 ワールド宇田川ビル 3F

「アットビジネスセンター渋谷東口駅前」
〒150-0002 渋谷区渋谷2-22-8 名取ビル 3~5階

のどちらかで開催。
受講人数が決定次第、開催する建物と部屋番号をお伝えいたします。
費用(全4回) 一般の方:27,000円(税込み)
コトバ大生:21,600円(税込み)

※コトバ大生とは、すでに入学金をお納めいただき、学生番号が発行されている方となります。
※これから半年間のメイン講座を1つ以上、あるいは5つ以上の短期講座を受けられるご予定の方は、入学金(2,1600円)をお支払いただき、コトバ大生として受講いただけますとお得になります。
定員 20名程度
(募集締切日までに想定している最低参加人数に達しない場合は、講座の開催を見送る可能性がございます。その際、すでにお支払いただきました費用は、入学金含め、ただちに全額ご返金いたします)
山葉のぶゆき
編集プロダクション「エフェクト」代表

山葉のぶゆき

1976年奈良生まれ。大学生の頃に編集プロダクションにてアルバイトをし、23歳でフリー編集者に。25歳で編集プロダクション「エフェクト」を立ち上げる。2005年にバンタンキャリアスクールにて雑誌編集・ライターの講師を行い、2012年から2017年まで、編集者とライターの教室「思い浮かべて書く教室」を、2014年にはR25カフェにて様々な職人の技術と触れる「これから職人ゼミ」を開催。これまで参加した媒体は「R25」「メトロミニッツ」「メトロミニッツWEB」「東京カレンダー」「ソトコト」「都心に住む」「SUUMO ジャーナル」「フォートラベル」「ことりっぷ」などなど200誌以上。「千原Bros.」「東京カレンダー倶楽部」などの書籍も編集する。

取材力とはいったいどんなものでしょうか?
それは事前に用意した質問をもれなく聞くことでもないですし、相手を必要以上に盛り上げて、饒舌にお話ししてもらう力でもありません。

取材力とは、取材対象者が歩んできた道や、伝えたいことをしっかりと掘り下げ、その中からストーリーを生み出すこと。取材対象者の言葉から点と点を繋げ、ひとつの世界を紡ぐことです。そしてその世界を上手に文章で表すことによって、「面白い人を取材した、面白いインタビュー原稿」が完成します。

ライターに興味がある人はもちろん、「聞いたことを、ただまとめる」が日常になっているライターさんも、「聞く力」を備えたいビジネスマンの方も、是非ご参加ください。
実習を通して、取材力をアップしましょう!
第1回インタビュー原稿が完成するまでの流れ インタビュー原稿の種類、質問リストの作り方、取材、原稿執筆までの流れをご説明します。そしてワープショップで取材の基礎を経験しましょう。
第2回よいインタビューとは何か? よいインタビューの方法や内容を学習し、第1回の流れにそって参加者同士でインタビューを実践してみましょう。
第3回取材に慣れていきましょう 別の方(講師や教室スタッフ、ゲストなど)にインタビューすることで、いい取材をおこなう空気感に慣れていきましょう。またここで取材原稿を執筆するコツもレクチャーします。
第4回取材原稿をまとめましょう(実習) できれば教室の前に取材原稿をまとめ、みなさんに発表します。みんなの取材原稿を読んで、様々な表現について学習しましょう。

以上、全4回の内容となります。
若干の変更は適宜行っておりますので、あらかじめご了承くださいませ。